研究センターにおける歴史
応用情報学研究センター

[年表に戻る]

・大型計算機センター
 東北大学大型計算機センターは,昭和44年,大学等の教員,研究者の学術研究のために,全国共同利用施設として設置された.大型計算機センターでは,その時代の最大規模の処理能力をもつコンピュータシステムを設置し,研究者の多岐に渡る要望に応えてきた.また,通信回線を利用したコンピュータシステムが重要になるとの先見性から,この分野でも先端的な役割を果たしてきた.

・牧野研究室(平成7年〜平成13年)
 平成7年,根元義章教授の後任として牧野正三教授が大型計算機センター教授に就任した(現,工学研究科 電気・通信工学専攻教授).

※以上,東北大学電気情報系創立75周年記念誌「ANTENNA」の記載を,一部補筆して掲載