電気情報系学科における歴史
電気工学科

[年表に戻る]

・二村研究室(昭和30年〜昭和53年)
 昭和30年,二村忠元助教授が教授に昇任し,本講座を担任した.二村教授は,戦中から戦後にかけて,回転楕円体波動関数を用いた音場解析の研究を行ない,東京大学より理学博士の学位を授与された.二村教授らが作った回転楕円体波動関数表は極めて貴重なものであった.
 ついで,柴山乾夫助教授,城戸健一助手とともにダイナミックスピーカーに関する研究を行ない,スピーカーの音質におよぼす要因を理論的,実験的に解明し,スピーカーの性能がよくなった.
 つぎは,室内音響に関するもので,室内の残響を制御することにより目的にかなったホールを設計する方法を与えた.これで新宿のコマ劇場などを設計した. さらに,城戸健一,曽根敏夫助教授らとともに音質の主観的評価,聴覚におけるマスキング特性の研究など,心理音響の研究へと進んだ.
 二村教授は騒音公害の重要性を認識し,騒音防止法の研究に主力を注ぐようになった. 東北新幹線の騒音について激しい主張を続け,社会的に大きな反響を呼んだ.
 二村教授は昭和53年4月1日付けで電気通信研究所に配置換えとなり,所長に就任された. その後,昭和55年4月,東北大学を定年で退官し,東北学院大学教授に就任した.
二村先生は昭和57年12月に逝去された.

※以上,東北大学電気情報系創立75周年記念誌「ANTENNA」の記載を,一部補筆して掲載