経歴専門分野所属学会学会及び社会における活動受賞奨学金・助成金
研究論文国際学会発表著書解説学生団体の顧問等
氏名鈴木陽一
SUZUKI, Yo^iti
生年月日1954年1月11日
所属東北大学 電気通信研究所
ブレインコンピューティング研究部門
(音響情報システム研究分野)
役職教授
最終出身大学・学部・学科
(卒業年月)
東北大学工学部電気工学科卒業(1976年3月)
最終出身大学院・学部・学科
(修了年月)
東北大学大学院工学研究科
博士課程後期3年の課程
電気及通信工学専攻修了(工学博士,1981年3月)


経歴
東北大学電気通信研究所助手 1981年4月−1987年5月
東北大学大型計算機センター助教授1987年4月−1989年6月
東北大学電気通信研究所助教授1989年7月−1999年7月
東北大学電気通信研究所教授1999年8月−現在
仙台電波高専非常勤講師1986年4月−1990年3月
宮城学院女子大学非常勤講師1987年4月−現在
(ただし平成3年度を除く)
ミュンヘン工科大学客員研究員1991年3月−1992年1月
国立特殊教育総合研究所客員研究員1994年10月−1996年1月


専門分野
音響情報処理,ディジタル信号処理


所属学会
日本音響学会,日本聴覚医学会,電気情報通信学会,日本機械学会,情報処理学会,騒音制御工学会,米国音響学会,IEEE,日本耳科学会


学会及び社会における活動(委員等)
(社)日本音響学会編集委員1989年5月−現在
仙台市公害対策審議会騒音部専門委員1990年4月−1995年3月
(社)日本音響学会評議員1991年5月−1995年5月
仙台市音楽堂基本計画策定委員会建築部専門委員1992年度−1998年度
(社)日本音響学会出版委員会委員1993年5月−現在
大学の理工系分野の魅力向上に関する懇談会メンバー1993年度−1994年度
(社)日本音響学会聴覚研究委員会 副委員長1994年4月−199?年3月
(社)騒音制御工学会技術部会委員1995年5月−2000年5月
(社)日本音響学会編集委員 会誌部会副主査1995年5月−1997年5月
(社)日本音響学会理事・研究発表委員会委員長1995年5月−1997年5月
(社)日本音響学会編集委員 会誌部会主査1997年5月−1999年5月
仙台市環境影響評価審査会委員1999年度−
(社)日本音響学会編集委員 論文部会主査1999年5月−2001年5月
(社)騒音制御工学会理事2000年5月−現在
宮城県環境審議会委員2000年度−現在
1994騒音制御工学会議(INERNOISE 94)組織委員会事務局長1990年7月−1995年3月
第7回西太平洋地区音響学会議(WESTPRAC VII)組織委員会論文委員長1998年4月−2001年3月
2004年国際音響学会議(ICA 2004)組織委員会広報委員長1999年4月−現在


受賞
日本音響学会粟谷潔学術奨励賞[日本音響学会]1986年3月
日本音響学会佐藤論文賞[日本音響学会]1992年3月
日本音響学会佐藤論文賞[日本音響学会]1994年3月


奨学金・助成金(代表のみ)


学会誌等研究論文

1982年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年


国際学会発表

1978年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年


著書(単行本所載論文を含む)
  1. 2チャンネルFFTアナライザ活用マニュアル 日本プラントメンテナンス協会, ISBN4-88956-009-2 (1985). 共著
  2. 2チャンネルFFTアナライザ活用マニュアル 日本プラントメンテナンス協会, ISBN4-88956-010-6 (1985). 共著
  3. CP/MとMS−DOS 共立出版, ISBN4-320-02333-1 (1987). 単著
  4. はじめて学ぶGKS -国際標準コンピュータグラフィックスことはじめ- 共立出版, ISBN4-320-02565-2 (1991). 単著
  5. Loudness of repeated impulsive noise in Conriutions to Psychological Acoustics - Results of the fifth Oldenburg Symposium on pshychological Acoustics Bibliotheks- und Informationssystem der Universitaet Oldenburg, ISBN3-8142-0400-X (1991) 253-266 Yoiti Suzuki, Yasunori Ogura, Toshio Sone
  6. 新編 感覚・知覚 心理学 ハンドブック 誠信書房, ISBN4-414-30503-9 (1993). 共著
  7. Frequency characteristics of loudness preception: principles and applications in Conriutions to Psychological Acoustics - Results of the sixth Oldenburg Symposium on pshychological Acoustics, Bibliotheks- und Informationssystem der Universitaet Oldenburg, ISBN 3-8142-0460-3 (1993), 193-221 Yoiti Suzuki, Toshio Sone
  8. 音のなんでも小辞典 講談社, ISBN4-06-257150-1 (1996). 共著
  9. Cによる情報処理入門 昭晃堂, ISBN4-7856-3106-6 (1997). 共著
  10. Sound quality of steady harmonic complex tones in Conributions to Psychological Acoustics - Results of the seventh Oldenburg Symposium on pshychological Acoustics Bibliotheks- und Informationssystem der Universitaet Oldenburg, ISBN 3-8142-0572-3 (1997), 417-438 Yoiti Suzuki, Kenji Ozawa and Toshio Sone
  11. Phase effects on masked thresholds of pure tones at frequencies 1.5 or 2.5 times as high as the frequency of a pure-tone masker in monaural tone-on-tone maskingSound quality of steady harmonic complex tones in Conributions to Psychological Acoustics - Results of the seventh Oldenburg Symposium on pshychological Acoustics Bibliotheks- und Informationssystem der Universitaet Oldenburg, ISBN 3-8142-0572-3 (1997), 439-446 Kenji Ozawa, Yoiti Suzuki and Toshio Sone


学会誌解説
  1. 展望 聴覚 日本音響学会誌, 42 (1986), 255-256. 曽根敏夫,鈴木陽一
  2. ラウドネス 日本音響学会誌, 44 (1988), 768-774. 曽根敏夫,鈴木陽一
  3. 音響系の伝達関数の模擬をめぐって(その1) 日本音響学会誌, 44 (1988), 936-942. 鈴木陽一,浅野太,曽根敏夫
  4. 音響系の伝達関数の模擬をめぐって(その2) 日本音響学会誌, 45 (1989), 44-50. 鈴木陽一,浅野太,曽根敏夫
  5. Loudness and Perception of Sound J. Acoust. Soc. Korea, 8 (1989), 7-22. Toshio Sone and Yoiti Suzuki
  6. 等ラウドネスレベル曲線の見直しについて 日本音響学会誌, 46 (1990), 420-426. 鈴木陽一, 曽根敏夫, 竹島久志, 熊谷正純, 三浦甫
  7. ディジタル信号処理による補聴器の開発 病態生理, 10 (1991), 636-642. 大山健二,高坂知節,鈴木陽一,曽根敏夫
  8. 振動場に応じた測定法の選択による1次元振動インテンシティ計測 騒音制御工学会誌, 17 (1993), 11-14. 鈴木陽一,岩谷幸雄,曽根敏夫
  9. ディジタル補聴器のための信号処理とエレクトロニクス BME, 7 (1993), 37-45. 鈴木陽一,曽根敏夫
  10. ラウドネス補償型ディジタル補聴器 CLAIDHA JOHNS, 11 (1995) 1294-1300. 鈴木陽一,高橋辰,曽根敏夫,高坂知節
  11. 高齢者のための新しい補聴器(クレイダ型完全ディジタル補聴器)の開発 耳鼻咽喉科展望, 39 (1996) 237-245. 高坂知節,川瀬哲明,高橋辰,日高浩史,曽根敏夫,鈴木陽一
  12. 音響に関する国際規格の現状 日本音響学会誌, 52 (1996) 565-568. 子安勝,橘秀樹,鈴木陽一,阿部武
  13. 音響に関する国際規格の現状 日本音響学会誌, 54 (1998), 241-244 子安勝,橘秀樹,鈴木陽一,鈴木英男,白橋良宏


学生団体の顧問等